Archives

now browsing by author

 

ナルトタイ 蔵蔵たちきゅう5/9(火)予約制[おつまみ持込推奨]

ナルトタイの店kurakuraたちきゅう

定番からレアな秘蔵酒まで目からウロコの美味しい日本酒ご用意致します!!

●日時・場所
開催日:2017年5月9日(火曜日)

開催時間:18時30分〜21時30分(ラストオーダー21時)
場所:本家松浦酒造「ナルトタイの店」前 屋外スペース(小雨決行)

●ご予約制

事前にご予約をお願いいたします。(FaceBookまたはお電話 0120-221-158 でお申込ください)
定員[先着50名様]
※FaceBookの場合、ご予約は「参加する」ボタンを押してください。
ご同伴の方がいらっしゃる場合は「投稿する」から人数をお知らせください。

●おつまみについて
●おつまみやソフトドリンクはご自由に持ち込みください。グループやご家族で食べられる量をお持ちください。
●炭火をご用意していますので、焼ける食材をお持ちいただくのもおすすめです。
●おもてなし料理を少しご用意いたします。数に限りがありますので、品切れの際はご容赦ください。

●お酒について
●日本酒「鳴門鯛」、日本酒カクテル、リキュールなど(400〜600円)をご用意いたします。
●あまざけ、ジュースなどのノンアルコールドリンク(100〜300円)もございます。
●少量ですがビールも販売いたします。
●酒類の持ち込みはご遠慮ください。


酒蔵の酒を、酒蔵で呑みながら、語らいませんか!?
地元の皆さまに酒蔵の歴史を感じながら、気軽に鳴門鯛の日本酒を味わっていただきたい
という想いでスタートした「ナルトタイ蔵蔵たちきゅう」。
「たちきゅう」とは、いわゆる立ち飲み。「立ったまま、きゅうっとやる」ことが語源
といわれています。長屋門と直売所の間の中庭で行っています。

鳴門鯛という銘柄でも、純米大吟醸、純米、袋搾り、生酒など、様々な種類のお酒があります。
色々なお酒の味わいの違いを利きながら呑む、友と語らいながら呑む、
初めて知り合った方と呑む、地元の未来について語らいながら呑む・・・
そんな場を共にすることであらたな風が吹くことを願っています。

蔵ならではのプレミアム限定酒、季節ごとの旬の酒、日本酒カクテルなど、さらにお酒の種類を充実いたします!
皆様に楽しい時間をお過ごしいただけるよう、スタッフ一同張り切っておりますので、
お誘い合わせのうえ、どうぞお越しください。ご予約をお待ちしております。   第十代蔵元 松浦素子



●アクセス
〒779-0303 徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本19番地 「ナルトタイの店」

matsuuramap

●今回は蔵見学は実施いたしません。
●長屋門をくぐってお入りください。
●飲酒はしないので車で行くという方は、精米所の前に駐車できます。
ナビで088-689-1110 を入力すると精米所前に到着します。
●お車やバイクを運転される方や未成年者の飲酒は固くお断りいたします。
●なるべく公共交通機関をご利用ください。

大きな地図で見る

*JR高徳線の池谷駅からは徒歩約15分です。
*JR鳴門線の阿波大谷駅からは徒歩約8分です。

▼JR阿波大谷駅から本家松浦酒造への道のりを
ご紹介したブログもございます。
http://narutotai.jp/blog/?p=608

どうぞお気を付けてお越しください。


●前回の「蔵蔵たちきゅう」レポートはこちら

●2017年4月15日蔵蔵たちきゅう レポ  http://narutotai.jp/blog/?p=1533

 

2017年3月10日(金)徳島新聞に大吟醸金賞受賞ご掲載いただきました。

徳島新聞鳴門鯛掲載

2017年3月10日(金)徳島新聞朝刊にてご掲載いただきました。
日本酒アワード2017鳴門鯛大吟醸が金賞受賞

鳴門鯛大吟醸はフルーティーな香りと穏やかな味わいが特徴です。

ワイングラスでおいしい日本酒アワード、大吟醸部門金賞受賞酒
「鳴門鯛 大吟醸」のお求めは、鳴門鯛たのしいお酒ショップまで

●鳴門鯛 大吟醸 300ml:http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11000daiginjo300.html
●鳴門鯛 大吟醸 720ml:http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11002daiginjo720.html
●鳴門鯛 大吟醸 1800ml:http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11001daiginjo1800.html

 

 

「鳴門鯛 大吟醸」が「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」で金賞受賞

全米日本酒歓評会2016

鳴門鯛 大吟醸」が「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 大吟醸部門」
で金賞を受賞しました。

ワイングラスでおいしい日本酒アワード」は、ワイングラスで日本酒を飲む新しいスタイルを提案し、
「世代」「業態」「国」の境界を超えて、日本酒を広げることを目指しているアワードです。
今年7年目を迎え、242蔵元から過去最高の673点のエントリーがありました。専門家の審査員により、ワイングラスで飲んだときにおいしく感じる日本酒という視点で、ラベルが見えないブラインド方式で選考されています。

本家松浦酒造では「鳴門鯛 純国産・無添加純米」が同アワード メイン部門2014年・2015年にて2年連続金賞を受賞、2016年には「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」がメイン部門にて金賞を受賞したのに続き、4年連続の受賞となります。
本家松浦酒造では、本受賞をきっかけに、ワイングラスで気軽に日本酒を楽しむ若者や女性の皆さまがさらに増えることを願っています。

【商品概要】
●商品名:鳴門鯛 大吟醸  
●酒類:大吟醸
●アルコール度数 :16度以上17度未満
●原材料:山田錦 48%精米
●使用米(精米歩合):麹米 山田錦(48%)、掛米 山田錦(48%)
●原材料:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
●内容量・価格:300ml/864円(税込)、720ml/3,240円(税込)、1800ml/5,400円(税込)

●鳴門鯛 大吟醸 300ml:http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11000daiginjo300.html
●鳴門鯛 大吟醸 720ml:http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11002daiginjo720.html
●鳴門鯛 大吟醸 1800ml:http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11001daiginjo1800.html

【商品特長】
鳴門鯛 大吟醸」は、林檎を思わせるような甘く繊細な香りと、春の風のような爽やかで穏やかな味わいが特長です。
酒造好適米 山田錦を48%まで丹念にみがきあげました。醪の状態で30日、じっくりと長期低温発酵にて造られます。熟練の蔵人の技と感性が光る大吟醸です。
冷やしたガラスの酒器で、大吟醸ならではの華やかな香りとふくらみのある味わいをお楽しみください。

【他の受賞歴】
鳴門鯛 大吟醸」は2014年に実施された「日本美酒鑑評会 吟醸酒部門」で大賞を受賞しました。日本全国美酒鑑評会は、第16回グルメ&ダイニングスタイルショー2014の会場内で実施され、出品数71品の中から、来場者による利き酒審査で評価されるものです。
鳴門鯛 大吟醸」は、吟醸酒部門に出品された9銘柄の中で1位の総合6998点を取得し、大賞を受賞しました。日本酒に精通した酒類バイヤーである来場者から高い支持をいただきました。

 
 
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

 
>>2017年3月10日(金)徳島新聞朝刊にてご掲載いただきました。

 

 

「船と音楽のマルシェ」 客船入港イベントに参加いたします。

UNOICHI presents 客船入港イベント『Voyage of night 3』

UNOICHI presents  客船入港イベント

海と船と人が繋がる1日。合言葉は「Bonjour, Il fait beau。」(こんにちは いいお天気だね)

フランス語で「南」という意味の客船『ロストラル』は4月9日(日)舞鶴港を出港。
境港 – 釜山 – 長崎 – 鹿児島 – 宇和島– 広島をクルージングし、
ツアー最後の寄港地が玉野市宇野港となる。(翌日神戸港で下船)

“食・体験・自然・アート・音楽”を通じて、
乗船客と宇野港に集った人たちが出会い、何気ない1日が特別な1日に。
UNOICHI実行委員会サイトより)

【開催日時・場所】
日 時 : 4月16日(日)12時~18時 ※終了しました
場 所 : 岡山県玉野市宇野港第一突堤 緑地
入場無料。荒天中止、少雨決行

▼詳しいご案内はこちらをご覧ください。
http://unoichi-tamano.com/comming-soon/

 

 

 

2017年2月24日(金)徳島新聞夕刊にご掲載いただきました。

徳島新聞鳴門鯛掲載

2017年2月24日(金)徳島新聞夕刊にてご掲載いただきました。
「酒造に芳醇な香り」新酒造り県内で最盛
「華やかな香りですっきりした味が今年の特徴」

●鳴門鯛の新酒のお求めは
鳴門鯛たのしいお酒ショップまで

http://www.narutotai-sake.jp/

 

 

2017年2月5日(日)朝日新聞徳島欄にて、「鳴門鯛の銘酒トリュフ」ご掲載いただきました。

鳴門鯛の銘酒トリュフ

2017年2月5日(日)朝日新聞徳島欄にて、「鳴門鯛の銘酒トリュフ」ご掲載いただきました。
「鳴門の銘酒でチョコ いかが」

本家松浦酒造の銘酒「鳴門鯛」のLED夢酵母使用の純米吟醸をブレンドし、
ベルギー産のチョコレートでガナッシュに仕立てました。上品な日本酒の香りとコクが絶品な大人のショコラです。

※人気につき、販売開始数日で完売いたしました
「鳴門鯛の銘酒トリュフ」 [トリュフ3個入]  900円(税込972円)

 

 

株式会社昌栄と株式会社本家松浦酒造大人の日本酒ショコラ「鳴門鯛の銘酒トリュフ」を共同開発。

株式会社昌栄と株式会社本家松浦酒造
大人の日本酒ショコラ「鳴門鯛の銘酒トリュフ」を共同開発。
バレンタインシーズンに合わせ、イルローザにて限定発売。

株式会社昌栄(徳島県徳島市 代表 岡田昌夫)と株式会社本家松浦酒造場(徳島県鳴門市 代表 松浦素子)は、鳴門鯛の日本酒を使用したバレンタイン用のチョコレート「鳴門鯛の銘酒トリュフ」を共同開発。
2月1日より、イルローザ各店(徳島県・香川県・兵庫県)および、ネット通販サイトにて発売しました。

「LED夢酵母」は、徳島県立工業技術センターが紫外線を出す特別なLEDを使用して品種改良した清酒酵母で、果物のような軽やかな香りの日本酒を造ることができます。「LED夢酵母」を使用している酒蔵に、徳島県から スイーツの開発を希望する声があり、本家松浦酒造場から株式会社昌栄に働きかけバレンタイン用ショコラの開発に着手しました。
チョコレートに組み合わせる酒はブランデーが代表的ですが、近年は全国でも「日本酒ショコラ」の開発が盛り上がりを見せています。「鳴門鯛の銘酒トリュフ」は徳島県では初の「日本酒ショコラ」の発売となります。

両社では、徳島県生まれのスイーツや地酒に親しんでいただくことで、LED夢酵母の認知度向上に貢献できればと願っています。

鳴門鯛の銘酒トリュフ

「鳴門鯛の銘酒トリュフ」 [トリュフ3個入] 本体900円(税込972円)※完売いたしました
本家松浦酒造の銘酒「鳴門鯛」のLED夢酵母使用の純米吟醸をブレンドし、
ベルギー産のチョコレートでガナッシュに仕立てました。上品な日本酒の香りとコクが絶品な大人のショコラです。

 

【使用しているチョコレートについて】
ベルギー産チョコレート
フルーティーな香りがのこり、苦みと酸味のバランスが良いダーク・クーベルチュールと、良質なミルクの風味とカカオの香り、ほどよい甘さのミルク・クーベルチュール。
ベルギーチョコレートならではの味わいのバランスが良い2種をあわせました。
お酒本来の味わいを邪魔することなく上品にひきたて、ショコラ本来の美味しさと口どけ滑らかさをお愉しみいただけます。

【鳴門鯛の銘酒トリュフに使用した日本酒について】
鳴門鯛 純米吟醸
徳島県産の酒造好適米 山田錦100%を「LED夢酵母」で醸造した、まさにオール徳島造りの純米吟醸。
しっかりとまとまりのある味わいが特長で、 白ワインを思わせる華やかな春らしい香りとリッチな酸味が、日本酒好きの方はもちろん、女性や日本酒ビギナーの方にも好評です。
IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2016純米吟醸の部にて、銅メダルを受賞。

【LED夢酵母について】
徳島県立工業技術センターでは、LEDを利用した酵母育種の研究を約2年間にわたって取り組みました。
紫外線を出す特別なLEDを使用し、2000回以上の実験を繰り返し、品種改良した清酒酵母の中からフルーティーな香りと発酵力の強さをもったものを選定し、2016年に「LED夢酵母」と名付けました。

【徳島県とLEDについて】
徳島県には、20世紀中の開発は困難と言われていた高輝度青色LEDを世界で初めて製品化し、現在では白色LED生産量で世界一のシェアを誇るLED素子メーカーをはじめ、LED応用製品を開発するメーカーが100社以上集積しており、世界有数の「LED先進地域」となっています。

 

【本件に関するお問い合わせ】
徳島洋菓子倶楽部イルローザ 株式会社昌栄
住所:徳島県徳島市南沖洲5丁目6番地20 フリーダイヤル:0120-16-6003(9時~18時)
公式サイト:http://www.ilrosa.co.jp/ 店舗情報:http://www.ilrosa.co.jp/shop/
ネット通販サイト:http://shop.ilrosa.jp/ ※完売いたしました

株式会社本家松浦酒造場
住所:徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本19番地
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時) E-Mail:info@shumurie.co.jp
公式サイト:http://narutotai.jp/

 

>>2017年2月5日(日)朝日新聞徳島欄にて、「鳴門鯛の銘酒トリュフ」ご掲載いただきました。

 

 

リーガロイヤルホテル東京 日本酒イベント に参加いたします。

「春の宵 生であう 美酒で逸盃(いっぱい)」

リーガロイヤルホテル東京
“日本全国津々浦々の銘醸蔵より届くしぼりたての新酒と
日本料理料理長特製の酒肴を楽しむ美酒美食の饗宴”

【開催日時・場所】

日時 : 2017年3月29日(水)19:00〜21:00(受付18:30〜)※終了しました
場所 : リーガロイヤルホテル東京 ロイヤルホール(3階)
料金 : お一人様9,500円(税込・サービス料込) お料理、日本酒、お土産

完全ご予約制 チケットをお求めください。ご予約、お問い合わせは
リーガロイヤルホテル東京<宴会予約> TEL:03-5285-8963(直通)
※ご予約承り時間10:00〜19:00

●詳しいご案内はPDFをご覧ください。

リーガロイヤルホテル東京 http://www.rihga.co.jp/tokyo/
〒169-0071 東京都新宿区戸塚町1-104-19

 

 

 

本家松浦酒造場では、蔵人(日本酒製造スタッフ)を募集しています。

杜氏募集

創業200年の老舗酒蔵で、日本酒造りに携わってみませんか?
【追加募集】来期の酒造り(8月頃より)に参加できる蔵人を募集します。

本家松浦酒造場では、蔵人(日本酒製造スタッフ)を募集しています。
当蔵では、毎年冬の間、杜氏 松浦正治と数人の蔵人たちの手で、
麹や酒母、醪、すべて手造りによる酒造りを行っています。

まずは、契約社員としてスタート、適性、状況をみながらステップアップしていただきます。
仕事内容は、日本酒造りをメインとし、日本酒を醸造していない時期は、
リキュール類の製造や直接愛飲家と対話できる百貨店などの、対面販売の補助などもしていただきます。

日本酒造りに参加することで、日本酒の魅力についてより深く体験することができます。

ご興味のある方、ご質問のある方は、お電話またはメールでご連絡ください。

フリーダイヤル 0120-221-158(受付時間:平日9:00〜17:00)
メールアドレス info@narutotai.jp
担当:松浦素子
 
※お電話での問い合わせにつきましては、松浦素子が不在の場合、折り返しご連絡させていただきます。
※未経験の方でも応募は可能です。お気軽にご相談ください。

 
 
 

立春の日の朝に搾りあげた、縁起のよい酒。「鳴門鯛 立春朝搾り」2月4日立春の日に発売

鳴門鯛 立春朝搾り

「LED夢酵母」を使用し立春の日の朝に搾りあげた、縁起のよい酒。
「鳴門鯛 立春朝搾り」2月4日立春の日に発売

株式会社本家松浦酒造場(徳島県鳴門市 代表 松浦素子)は、立春を國酒で祝う迎春の行事「鳴門鯛 立春朝搾り」を
平成29年2月4日(土)立春の早朝に実施いたします。

「鳴門鯛 立春朝搾り」は酒販店が蔵元に集まり、早朝に搾りあがったばかりの生原酒をビン詰めし、
ラベルを貼り、阿波神社でご祈祷を行い、その日のうちにお客様にお届けするものです。
今年の幸運と繁栄を招く縁起の良いお酒です。
立春の日の朝の搾りたてを、その日のうちに飲めるため「搾りたてでフレッシュ」「日本酒のイメージが変わった」
という声をお客様からいただくなど、日本酒業界にとって画期的な取り組みです。

「立春朝搾り」は全国の蔵元や酒販店でつくる日本名門酒会(本部・東京)が呼びかけ、
今年は全国35都道府県40蔵で開催されます。
昨年は33都道府県37蔵で実施したところ、立春当日の日本名門酒会の出荷量は28万本を記録しました。
徳島県では当蔵のみ、これに参加しており、10年目の実施となります。
 
本家松浦酒造では「鳴門鯛 立春朝搾り」について昨年実績の10%増
の3700本(出荷本数720ml換算)の販売を見込んでいます。
昨年に続き、徳島県が開発した新酵母「LED夢酵母」を使用し、徳島県産山田錦を醸造。
華やかな春らしい香り、爽やかな酸味が際立つ日本酒になる予定です。

 

【鳴門鯛 立春朝搾りの特長】

◆徳島県の新酵母「LED夢酵母」を使用。
徳島県産山田錦を「LED夢酵母」で仕込むことにより、華やかな春らしい香り、
爽やかな酸味が際立つ日本酒になります。
「LED夢酵母」は、徳島県工業技術センターが開発にとり組んだもので、紫外線を出す特別なLEDを照射し、
2000回以上の実験を繰り返して品種改良した清酒酵母です。
優れた発酵力と香りの良さを併せ持つため、従来品よりもさらにフルーティで、
女性にも好まれる味わいと味わいとなります。

◆〈立春朝搾り〉は当日搾り
節分の夜から一晩中、もろみを搾り続け、立春の早朝に搾りあがったばかりの生原酒を、その日のうちにお届けします。
朝できたばかりのお酒を、その日の夜に飲めるので、この上なくフレッシュです。
加水や加熱をしない搾りたての生酒、しかも原酒です。

◆杜氏泣かせの〈立春朝搾り〉
搾り上がりが2月4日と決まっている立春朝搾りは、できあがりが早すぎたり遅くなったりしないよう、完璧な管理と微妙な調整が必要です。「大吟醸より神経を使う」という杜氏泣かせのお酒なのです。 また、搾り上がったらすぐに瓶詰めして出荷しなければならないため、この日蔵人たちは夜中から、ときには徹夜で作業を行います。

◆酒屋さんも蔵に行ってお手伝い
〈立春朝搾り〉をその日のうちに飲んでいただくため、「立春朝搾り加盟店」が早朝から本家松浦酒造場の蔵に集まり、ラベル貼りや出荷の作業を手伝います。

◆蔵元近郊地域でしか飲めない地域限定酒
〈立春朝搾り〉は蔵元近郊の「立春朝搾り加盟店」が直接、蔵から持ち帰る地域限定酒。
やっぱり徳島の酒はうまい!!と思っていただけるお酒です。

◆お祓いをしているから、めでたさひとしお
蔵元・酒販店さん総出の出荷作業の後、阿波神社の神主さんによるお祓いが行われます。無病息災・家内安全・商売繁盛・大願成就・社運向上・開運厄除を祈願。今年の幸運と繁栄を招く縁起の良いお酒です。

 
rishun04

 
下記のムービー「日本酒 鳴門鯛が生まれるまで」でも、これまでの立春朝搾りの光景をご覧いただけます。

【商品概要】

●商品名:鳴門鯛 立春朝搾り  
●酒類:純米吟醸生原酒
●原材料:徳島県産山田錦 58%精米
●発売日:平成29年2月4日(土)立春
●内容量・価格:720ml:1,620円(税込)、1800ml:3,240円(税込)

【ご予約について】

予約販売制です。立春朝搾りに参加する下記の酒販店で予約を受け付けています。
<予約〆切:平成29年1月27日(金)>

徳島県
●(有)天羽酒舗 0886-52-3414 徳島県徳島市佐古三番町6-19
●(株)鹿の子 0886-22-7131 徳島県徳島市秋田町2-7
●(株)酒のえびす 088-652-4746 徳島県徳島市山城西2-39
●アワーリカー沖浜店 088-655-5521 徳島県徳島市山城西4-2
●アワーリカー藍住店 088-692-0026 徳島県板野郡藍住町東中富字朏傍示41-1
●アワーリカー小松島店 0885-38-0021 徳島県小松島市大林町字宮の本98-1
●(有)大安 0883-36-2036 徳島県阿波市市場町香美字西野神177-9
香川県
●(有)ふくしま屋 087-851-3535 香川県高松市福岡町3-12-13
●(有)松田酒店 0877-23-5100 香川県丸亀市西平山町286
愛媛県
●(有)酒吉 モアイ 089-931-5000 愛媛県松山市平和通2-2-2

 
 
【本件に関するお問い合わせ】

株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

【資料】
■日本名門酒会のご紹介
日本名門酒会は「良い酒を 佳い人に」をスローガンに、全国約120社の蔵元が丹精こめて造った良質の日本酒を、全国1,700店あまりの酒販店を通して流通させてきたボランタリー組織です。
「立春朝搾り」は日本名門酒会の呼びかけで1998年から始まりました。

■株式会社 本家松浦酒造場のご紹介
文化元年(1804)創業。「銘酒 鳴門鯛」「すだち酒」などを作る、現存する蔵では徳島県最古、二百余年の歴史を持つ酒蔵です。全国新酒鑑評会で金賞、全米日本酒鑑評会で3年連続金賞・銀賞を受賞。米国マーケットでは「Narutotai」の名で親しまれています。
2008年松浦正治が自社杜氏に、2011年松浦素子が十代目社長に就任。新しい視点や感性を持ちながら、日本酒の伝統文化と美味しさを、若い世代や女性の皆様にお伝えしたいと考えています。
>>本家松浦酒造場の沿革