「日経おとなのOFF 一番旨い!日本酒案内」にて、ご紹介いただきました。

「日経おとなのOFF 一番旨い!日本酒案内」にて、ご紹介いただきました。

鳴門鯛 純米吟醸原酒
鳴門の渦潮に鯛が跳ねて、こりゃめでタイ
明治時代に県令・酒井明と蔵の5代目・松浦九平により、魚族の王、鯛のごとく端麗優雅であるようにと名づけられた。
特に鳴門海峡で捕れる鯛は、激流を遡り身が締まって脂が乗り美味をいうことから「鳴門鯛」と珍重される。
純米吟醸原酒は、山廃独特のコクがある香りと幅のある味わい。
冷やしてストレートやロックでも旨い。(日経おとなのOFF紙より引用)

鳴門鯛 純米吟醸原酒 720ml

>>鳴門鯛 純米吟醸原酒 720ml

 

 

 

 





Comments are Closed