四国初!世界でNo.1の純米酒に選ばれました。

ロンドン開催 世界最大級ワインコンテスト(IWC2015)
日本酒部門で「ナルトタイ 純米 水ト米」が四国初!世界でNo.1の純米酒に選ばれました。

ナルトタイ 純米 水ト米

株式会社本家松浦酒造場(徳島県鳴門市 代表 松浦素子、杜氏 松浦正治)が製造する
「ナルトタイ 純米 水ト米(みずとこめ)」が、
ロンドンにて開催された世界最大級のワインコンテスト、
第32回IWC2015(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)のSAKE部門の純米酒カテゴリーにおいて、
最も優れたお酒に対して与えられる最高金賞(トロフィー)を受賞いたしました。

本年5月13日、IWC2015(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)
日本酒部門 純米酒カテゴリーにおいて「ナルトタイ 純米 水ト米」が金賞(ゴールド)を受賞。
さらに金賞6品の中から、最も優れた純米酒として
5月18日、「ナルトタイ 純米 水ト米」が最高金賞(トロフィー)を受賞しました。
本年7月16日(ロンドン時間)にロンドンで開催されるIWCアワードディナー(表彰式)には、
杜氏の松浦正治(取締役専務)が出席いたします。
表彰式の会場において、日本酒部門の最高賞として「チャンピオン・サケ」、部門を超え優れた
コストパフォーマンスを発揮した「グレートバリュー・サケ」が発表される予定となっており、
受賞への期待が高まります。

IWC2015サイトに「ナルトタイ 純米 水ト米」が掲載されています。
http://www.internationalwinechallenge.com/canopy/beverage_details.php?sid=4505


IWC2015審査員のテイスティングコメント
Elegant, pure, round and soft. Well balanced. Delicate pear and honeysuckle.
Delicious aftertaste. Gentle fruit tones which is very approachable.

(弊社和訳)
エレガントでピュア、まろやかでソフト。バランスが良い。
かすかな梨とハニーサックル(花)の香り。美味しい余韻。とても呑みやすい優しいフルーツトーン。

ラベル
ワインを楽しむ女性が手に取りやすいよう、女性らしさと洗練を備えたラベルにしました。
飲食店様はもちろん、バー業態でも違和感のないラベルデザインです。

飲み方
香りをより楽しんでいただけるようワイングラスをおすすめします。
冷蔵庫でよく冷やした「水ト米」をグラスに注いでワイン感覚でお楽しみください。
優しい味わいの和食にとても良く合いますし、和洋食などお食事を選ばずお召し上がりいただけます。

価格
ワインの消費量が清酒の消費を上回る日本で、日本酒がもっと手軽に、ワイン感覚でお召し上がり
いただけるようお求めやすい価格としました。日本酒ビギナーの方にもオススメの純米酒です。


十代目蔵元松浦素子のコメント
この度、このような世界的規模の賞を受賞することができ、感激しています。
酒造りは蔵人だけでは完結しません。火入れ作業をする人、瓶詰めをする人、出品をする人、
商品を配送する人、どれも繊細な作業が必要です。全社員が一丸となって得ることのできた結果だと思います。

昭和50頃の日本消費のピークから今までの日本酒の消費量は減少するばかりでした。
しかしながら、東北復興の支援で日本酒が飲まれるようになり、
海外での日本食の人気と共に日本酒も人気を増しており、今、日本酒が再び見直されています。
首都圏では日本酒が楽しめる飲食店が急増しています。

私は、今回の受賞は地元徳島の皆様にも徳島の地酒を改めて知っていただく良いきっかけになると考えております。
酒蔵ではじめたKuraKura見学や、KuraKuraたちきゅうなどのイベントも2年目を迎えました。
県内の地酒消費に繋がるよう、今年から新しく「酒の寺子屋」と題した日本酒の基礎を学ぶカルチャーも実施しています。
ワインを知るように、日本酒のことも知っていただき、地元の皆様に誇りを持っていただける酒造りを続けて参りたいと思います。


本件に関するお問い合わせ
株式会社本家松浦酒造場 商品企画室 088-689-3090(土日祝日を除く9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp


2015年6月22日(月) より徳島県内酒販店様にて発売しております。

オンラインショップにて11月お届け分の予約販売を開始しました。(2015.8.11)

11月お届け分のご予約は、完売致しました。(2015.8.24)

mizutokome_narutotai

鳴門鯛たのしいお酒ショップ http://www.narutotai-sake.jp/

 

 

 

 


Comments are Closed