飲食店の皆様へ 差し込みメニューはこちらから  

全国一斉、地域連携の日本酒 立春の縁起酒「鳴門鯛 立春朝搾り」今年も出荷

鳴門鯛立春朝搾り

株式会社本家松浦酒造場(徳島県鳴⾨市 代表取締役 喜屋武博樹)は、⽴春を國酒で祝う
迎春の⾏事「鳴⾨鯛 ⽴春朝搾り」を平成30年2⽉4⽇(⽇)⽴春の早朝に実施します。

「鳴門鯛 立春朝搾り」は酒販店が蔵元に集まり、早朝に搾りあがったばかりの生原酒をビン詰めし、
ラベルを貼り、阿波神社でご祈祷を行い、その日のうちにお客様にお届けするものです。
祈祷を⾏っているため、今年の幸運と繁栄を招く縁起の良いお酒です。
しぼりたての地酒を、地元のお客様にその⽇のうちにお届けできる、⽇本酒業界にとって、画期的な取り組みです。
「搾りたてでフレッシュ」「⽇本酒のイメージが変わった」という声をお客様からいただいています。

「立春朝搾り」は全国の蔵元や酒販店でつくる日本名門酒会(本部・東京)が呼びかけ、
全国⼀⻫2⽉4⽇に開催されます。平成30年は、全国35都道府県43蔵での開催となります。
昨年は35都道府県40蔵で実施したところ、⽴春当⽇の⽇本名⾨酒会の出荷量は30万本を記録しました。
徳島県では当蔵のみが参加しており、当蔵では今年で11年⽬の実施となります。
 
本家松浦酒造では「鳴⾨鯛 ⽴春朝搾り」について昨年実績の同数の3500本(出荷本数720ml換算)の販売を⾒込んでいます。

徳島県産⼭⽥錦を100%使⽤。今年は、上品で清楚な桜のような⾹り。
酸味は低く、春らしい優しい呑⼝ながら、若々しい吞み応えのあるお酒を⽬指しています。
お酒を搾った後、濾過・加⽔など調整をしません。⽕⼊れと呼ばれる加熱殺菌処理もしない⽣酒です。
近頃⼈気の、完全・無濾過⽣原酒です。

 

【鳴門鯛 立春朝搾りの特長】

◆〈立春朝搾り〉は当日搾り
節分の夜から一晩中、もろみを搾り続け、立春の早朝に搾りあがったばかりの生原酒を、その日のうちにお届けします。
朝できたばかりのお酒を、その日の夜に飲めるので、この上なくフレッシュです。
加水や加熱をしない搾りたての生酒、しかも原酒です。

◆杜氏泣かせの〈立春朝搾り〉
搾り上がりが2月4日と決まっている立春朝搾りは、できあがりが早すぎたり遅くなったりしないよう、完璧な管理と微妙な調整が必要です。「大吟醸より神経を使う」という杜氏泣かせのお酒なのです。 また、搾り上がったらすぐに瓶詰めして出荷しなければならないため、この日蔵人たちは夜中から、ときには徹夜で作業を行います。

◆酒屋さんも蔵に行ってお手伝い
〈立春朝搾り〉をその日のうちに飲んでいただくため、「立春朝搾り加盟店」が早朝から本家松浦酒造場の蔵に集まり、ラベル貼りや出荷の作業を手伝います。

◆蔵元近郊地域でしか飲めない地域限定酒
〈立春朝搾り〉は蔵元近郊の「立春朝搾り加盟店」が直接、蔵から持ち帰る地域限定酒。
やっぱり徳島の酒はうまい!!と思っていただけるお酒です。

◆お祓いをしているから、めでたさひとしお
蔵元・酒販店さん総出の出荷作業の後、阿波神社の神主さんによるお祓いが行われます。無病息災・家内安全・商売繁盛・大願成就・社運向上・開運厄除を祈願。今年の幸運と繁栄を招く縁起の良いお酒です。

 
rishun04

 
下記のムービー「日本酒 鳴門鯛が生まれるまで」でも、これまでの立春朝搾りの光景をご覧いただけます。

【商品概要】

●商品名:鳴門鯛 立春朝搾り  
●酒類:純米吟醸 生原酒
●原材料:徳島県産山田錦 58%精米
●発売日:平成30年2⽉4⽇(⽇)⽴春
●内容量・価格:720ml:1,620円(税込)、1800ml:3,240円(税込)

【ご予約について】

立春朝搾りに参加する下記の酒販店での予約販売制です。
<予約〆切:平成30年1⽉28日>※予約受付は終了しました。

徳島県
●(株)鹿の子 0886-22-7131 徳島県徳島市秋田町2-7
●(株)酒のえびす 088-652-4746 徳島県徳島市山城西2-39
●アワーリカー沖浜店 088-655-5521 徳島県徳島市山城西4-2
●アワーリカー藍住店 088-692-0026 徳島県板野郡藍住町東中富字朏傍示41-1
●アワーリカー小松島店 0885-38-0021 徳島県小松島市大林町字宮の本98-1
●(有)大安 0883-36-2036 徳島県阿波市市場町香美字西野神177-9
香川県
●(有)松田酒店 0877-23-5100 香川県丸亀市西平山町286
愛媛県
●(有)酒吉 モアイ 089-931-5000 愛媛県松山市平和通2-2-2

 
 
【本件に関するお問い合わせ】

株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

【資料】
■日本名門酒会のご紹介
日本名門酒会は「良い酒を 佳い人に」をスローガンに、全国約120社の蔵元が丹精こめて造った良質の日本酒を、全国1,700店あまりの酒販店を通して流通させてきたボランタリー組織です。
「立春朝搾り」は日本名門酒会の呼びかけで1998年から始まりました。

■株式会社 本家松浦酒造場のご紹介
文化元年(1804)創業。「銘酒 鳴門鯛」「すだち酒」などを作る、現存する蔵では徳島県最古、二百余年の歴史を持つ酒蔵です。全国新酒鑑評会で金賞、全米日本酒鑑評会で3年連続金賞・銀賞を受賞。米国マーケットでは「Narutotai」の名で親しまれています。
2008年松浦正治が自社杜氏に、2011年松浦素子が十代目社長に就任。新しい視点や感性を持ちながら、日本酒の伝統文化と美味しさを、若い世代や女性の皆様にお伝えしたいと考えています。
>>本家松浦酒造場の沿革

 

 

 

 

Comments are Closed