飲食店の皆様へ 差し込みメニューはこちらから  

Archives

now browsing by author

 

春を迎える祝い酒「鳴門鯛 立春朝搾り」 平成最後の“立春の日”に実施

鳴門鯛立春朝搾り

株式会社本家松浦酒造場(徳島県鳴⾨市 代表取締役 喜屋武博樹)は、⽴春を國酒で祝う
迎春の⾏事「鳴⾨鯛 ⽴春朝搾り」を平成31年2⽉4⽇(⽉)⽴春の早朝に実施します。

「鳴門鯛 立春朝搾り」は酒販店が蔵元に集まり、早朝に搾りあがったばかりの生原酒をビン詰めし、
ラベルを貼り、阿波神社でご祈祷を行い、その日のうちにお客様にお届けするものです。
祈祷を⾏っているため、今年の幸運と繁栄を招く縁起の良いお酒です。
しぼりたての地酒を地元のお客様にその⽇のうちにお届けできる、⽇本酒業界にとって画期的な取り組みです。
「搾りたてでフレッシュ」「⽇本酒のイメージが変わった」という声をお客様からいただいています。

「立春朝搾り」は全国の蔵元や酒販店でつくる日本名門酒会(本部・東京)が呼びかけ、
全国⼀⻫2⽉4⽇に開催されます。平成31年は北は北海道から南は九州まで全国45蔵での開催です。
昨年は全国43蔵で実施したところ、⽇本名⾨酒会の出荷量は31万本を記録しました。
徳島県では当蔵のみが参加しており、当蔵では今年で12年⽬の実施となります。
 
本家松浦酒造では「鳴⾨鯛 ⽴春朝搾り」について昨年実績の同数の3,500本(出荷本数720ml換算)の販売を⾒込んでいます。

徳島県産⼭⽥錦を100%使⽤。上品で清楚な桜のような⾹り。
酸味は低く、春らしい優しい呑⼝ながら、若々しい呑み応えのあるお酒を⽬指しています。
お酒を搾ったままの⽣原酒でお届けするために、濾過・加⽔・⽕⼊れは⾏っておりません。

 

【鳴門鯛 立春朝搾りの特長】

◆〈立春朝搾り〉は当日搾り
節分の夜から一晩中、もろみを搾り続け、立春の早朝に搾りあがったばかりの生原酒を、その日のうちにお届けします。
朝できたばかりのお酒を、その日の夜に飲めるので、この上なくフレッシュです。
加水や加熱をしない搾りたての生酒、しかも原酒です。

◆杜氏泣かせの〈立春朝搾り〉
搾り上がりが2月4日と決まっている立春朝搾りは、できあがりが早すぎたり遅くなったりしないよう、完璧な管理と微妙な調整が必要です。「大吟醸より神経を使う」という杜氏泣かせのお酒なのです。 また、搾り上がったらすぐに瓶詰めして出荷しなければならないため、この日蔵人たちは夜中から、ときには徹夜で作業を行います。

◆酒屋さんも蔵に行ってお手伝い
〈立春朝搾り〉をその日のうちに飲んでいただくため、「立春朝搾り加盟店」が早朝から本家松浦酒造場の蔵に集まり、ラベル貼りや出荷の作業を手伝います。

◆蔵元近郊地域でしか飲めない地域限定酒
〈立春朝搾り〉は蔵元近郊の「立春朝搾り加盟店」が直接、蔵から持ち帰る地域限定酒。
やっぱり徳島の酒はうまい!!と思っていただけるお酒です。

◆お祓いをしているから、めでたさひとしお
蔵元・酒販店さん総出の出荷作業の後、阿波神社の神主さんによるお祓いが行われます。無病息災・家内安全・商売繁盛・大願成就・社運向上・開運厄除を祈願。今年の幸運と繁栄を招く縁起の良いお酒です。

 
rishun04

 
下記のムービー「日本酒 鳴門鯛が生まれるまで」でも、これまでの立春朝搾りの光景をご覧いただけます。

【商品概要】

●商品名:鳴門鯛 立春朝搾り  
●酒類:純米吟醸 生原酒
●原材料:徳島県産山田錦 58%精米
●発売日:平成31年2⽉4⽇(⽉)⽴春
●内容量・価格:720ml:1,600円(税別)、1800ml:3,200円(税別)

【ご予約について】

立春朝搾りに参加する下記の酒販店での予約販売制です。
<予約〆切:平成31年1⽉27⽇(⽇)>

徳島県
●(株)鹿の子 0886-22-7131 徳島県徳島市秋田町2-7
●(株)酒のえびす 088-652-4746 徳島県徳島市山城西2-39
●アワーリカー沖浜店 088-655-5521 徳島県徳島市山城西4-2
●アワーリカー藍住店 088-692-0026 徳島県板野郡藍住町東中富字朏傍示41-1
●ドラッグストアチャーリー⼩松島店 0885-37-3933 徳島県⼩松島市⼤林町字宮の本98-1
●(有)多積商店 0885-32-0166 徳島県⼩松島市中⽥町中筋101-2
●(有)大安 0883-36-2036 徳島県阿波市市場町香美字西野神177-9
香川県
●(有)松田酒店 0877-23-5100 香川県丸亀市西平山町286
●澄酒・すきま 087-802-4771 ⾹川県⾼松市内町6-10松野ビル 1F
愛媛県
●(有)酒吉 モアイ 089-931-5000 愛媛県松山市平和通2-2-2

 
 
【本件に関するお問い合わせ】

株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

 

 

 

 

アトレ吉祥寺期間限定ショップ 1/4まで


アトレ吉祥寺期間限定ショップ
めでタイ!飲みタイ!ナルトタイ!

おめで鯛ラベルはお正月のお屠蘇、ご親戚の皆様と、お客様へのお土産として、好適品です。
東京ではなかなか飲めないお酒を味わいに、是非お越し下さい。

開催期間:2018年12月26日(水)~1月4日(金)
時間:10:00~21:00(最終日のみ20:00まで)
場所:アトレ吉祥寺 本館2F 西口改札前 特設会場
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24
https://www.atre.co.jp/store/kichijoji/news/96845

 

 

 

Webマガジン「Libera」様にご掲載いただきました。

Webマガジン「Libera」様
Webマガジン「Libera」様にご掲載いただきました。
鳴門から世界へ羽ばたく本家松浦酒造

https://www.e-libera.com/travel/2018/12/sorayamatokushima/

 

 

 

第12回 阪急蔵元まつり に参加いたします

阪急うめだ本店様ウェブサイトより

阪急うめだ本店様ウェブサイトより)

女性蔵元や女性杜氏が醸す美酒に酔う
第12回 阪急蔵元まつり

今回は、醸造への熱意と繊細な感性。“女性が醸す、酒”をピックアップ。
昨年ご好評いただいた第2弾、女性ならではの感性と杜氏・蔵元としての熱い思いで
日本酒を造る7蔵をご紹介してまいります。
また、日本各地から44の蔵元が一堂に。450種類以上の利き酒をお楽しみいただけます。

12月7日(金)・8日(土)・9日(日)の3日間限り
9階 阪急うめだホールで開催。
日本各地から44蔵元が集結!
【入場無料】『第12回 阪急蔵元まつり

 

 

 

NARUTOTAI JACK!12/8(土)新宿でイベントを行います。

NARUTOTAI JACK

NARUTOTAI JACK!
日時:2018年12月8日(土)15:00〜
場所:鳥海一献(ちょうかいいっこん)
東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビルB2F
お問い合わせ・ご予約は:03-6276-7101

鳴門鯛ほぼ飲み放題!鯛しゃぶ食べ放題!

 

 

 

今年初の新酒 「鳴門鯛 純米大吟醸 新酒しぼりたて」を限定発売

鳴門鯛 純米大吟醸 新酒しぼりたて

H30BY[平成30年酒造年度]の新酒第⼀弾
「鳴⾨鯛 純⽶⼤吟醸 新酒しぼりたて」を平成30年11⽉15⽇(⽊)より発売します。

「鳴⾨鯛 純⽶⼤吟醸 新酒しぼりたて」は徳島県産⽶を100%使⽤。⿐先をくすぐる熟れた完熟果実のような芳醇な⾹り。新酒らしいさわやかな酸が広がる⼀⽅で、厚みのある味わいが後味となってリッチ感を堪能できます。酸と旨味のバランスのとれた、もたつきのない純⽶⼤吟醸です。

この新酒の純⽶⼤吟醸を加熱殺菌(⽕⼊れ)しない本⽣の状態で出荷します。
加熱殺菌していない⽣酒はデリケートなため、冷蔵管理で販売します。⽣酒のフレッシュな⾹りや味わいをお楽しみいただけますので、これからの季節の晩酌や宴席はもちろん、⼿みやげや贈り物にもおすすめです。

「鳴⾨鯛 純⽶⼤吟醸 新酒しぼりたて」の総出荷数は限定1,200本を予定しています。
本家松浦酒造では、本品をきっかけに、新酒の⽇本酒を楽しむ皆さまがさらに増えることを願っています。

>>リリース(pdf)を見る


【商品概要】
●商品名:鳴門鯛 純米大吟醸 新酒しぼりたて
●酒類:純⽶大吟醸
●アルコール度数:14度以上15度未満
●使用米:徳島県産米
●原材料:⽶(国産),⽶麹(国産⽶)
●精米歩合:45%
●内容量・価格:720ml:1,500円(税別)
●出荷予定本数:限定1,200本

【販売について】
徳島県内の量販店も含めた酒類販売店で販売します。
※当蔵の直売所「ナルトタイの店」および、ネットショップ『鳴⾨鯛 たのしいお酒ショップ』でも販売します。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

 

 
 
 

本家松浦酒造・福寿醤油 蔵開き2018

蔵開き2018

本家松浦酒造場と福寿醤油は、11月10日(土)11日(日)に「kura&kura 蔵開き」を開催します。

【蔵開き日時・場所】
2018年11月10日(土)・11日(日) 午前9時半〜

場 所:徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本19番地 
受 付:株式会社本家松浦酒造場
入場料:無料

蔵開き2018 蔵開き2018
>>pdfを見る(表面:松浦酒造イベント)
>>pdfを見る(裏面:福寿醤油イベント)

本家松浦酒造場では、酒蔵探検ツアー(大人限定)、日本酒「鳴門鯛」の利き酒、蔵限定酒の販売、酒粕詰め放題、体験コーナー、「たちきゅう」の昼バージョンなどをご用意しています。

福寿醤油では、醤油の圧搾体験、仕込み味噌製造体験、蔵見学、醤油テイスティング、醤油量り買い、全商品10%お値引きなどをご用意しています。

福寿醤油の味噌と本家松浦酒造の日本酒を使用した蔵名物の“とん汁”や、土曜は有名連「浮助連」の阿波踊り、日曜はスティールパン演奏もお楽しみいただけます。また、徳島県のおいしいもの、すてきなものを集めた「蔵蔵市場」を開催します。

※天候等により、開催内容が一部変更される場合がございますのでご了承ください。
※雨天時は中止となる場合があります。
※駐車場に限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
※お車やバイクを運転されるお客様の試飲はお断りします。飲酒運転は法律で禁止されています。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-866-140(土日祝日を除く9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

福寿醤油株式会社
TEL:088-689-1008(日祝日を除く8時半~17時)
E-Mail:info@fukujyu1826.com
公式サイト:http://www.fukujyu1826.com

 

 

 

ナルトタイ 蔵蔵たちきゅう10/20(土) 予約制[おつまみ持込推奨]

ナルトタイの店kurakuraたちきゅう

今年最後の蔵蔵たちきゅうは、10/20(土)開催決定!
今回は[特製おでんを肴に新酒を楽しむ!!]です。
いつもより1時間遅く18時から蔵蔵たちきゅうスタート。

●日時・場所
開催日:2018年10月20日(土曜日)※終了しました

開催時間:18時〜21時30分(ラストオーダー21時)
※今回は開始・終了時間ともに1時間遅くなっています。
場所:本家松浦酒造「ナルトタイの店」前 屋外スペース(小雨決行)

●ご予約制
事前にご予約をお願いいたします。(FaceBookまたはお電話 0120-866-140 でお申込ください)
定員[先着50名様]
※FaceBookの場合、ご予約は「参加する」ボタンを押してください。
ご同伴の方がいらっしゃる場合は「投稿する」から人数をお知らせください。

●おつまみについて
●おつまみやソフトドリンクはご自由に持ち込みください。グループやご家族で食べられる量をお持ちください。
●おもてなし料理を少しご用意いたします。数に限りがありますので、品切れの際はご容赦ください。
●炭火をご用意しています。食材のあたためにご利用ください。

●お酒について
●日本酒「鳴門鯛」、日本酒カクテル、リキュールなど(400〜600円)をご用意いたします。
●あまざけ、ジュースなどのノンアルコールドリンク(100〜300円)もございます。
●少量ですがビールも販売いたします。
●酒類の持ち込みはご遠慮ください。


酒蔵の酒を、酒蔵で呑みながら、語らいませんか!?
地元の皆さまに酒蔵の歴史を感じながら、気軽に鳴門鯛の日本酒を味わっていただきたい
という想いでスタートした「ナルトタイ蔵蔵たちきゅう」。
「たちきゅう」とは、いわゆる立ち飲み。「立ったまま、きゅうっとやる」ことが語源
といわれています。長屋門と直売所の間の中庭で行っています。

鳴門鯛という銘柄でも、純米大吟醸、純米、袋搾り、生酒など、様々な種類のお酒があります。
色々なお酒の味わいの違いを利きながら呑む、友と語らいながら呑む、
初めて知り合った方と呑む、地元の未来について語らいながら呑む・・・
そんな場を共にすることであらたな風が吹くことを願っています。

蔵ならではのプレミアム限定酒、季節ごとの旬の酒、日本酒カクテルなど、さらにお酒の種類を充実いたします!
皆様に楽しい時間をお過ごしいただけるよう、スタッフ一同張り切っておりますので、
お誘い合わせのうえ、どうぞお越しください。ご予約をお待ちしております。  直売所[ナルトタイの店] 店長 若林



●アクセス
〒779-0303 徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本19番地 「ナルトタイの店」

matsuuramap

●長屋門をくぐってお入りください。
●飲酒はしないので車で行くという方は、精米所の前に駐車できます。
ナビで088-689-1110 を入力すると精米所前に到着します。
●お車やバイクを運転される方や未成年者の飲酒は固くお断りいたします。
●なるべく公共交通機関をご利用ください。

大きな地図で見る

*JR高徳線の池谷駅からは徒歩約15分です。
*JR鳴門線の阿波大谷駅からは徒歩約8分です。

▼JR阿波大谷駅から本家松浦酒造への道のりを
ご紹介したブログもございます。
https://narutotai.jp/blog/?p=608

どうぞお気を付けてお越しください。
※お子様もご参加可能です。

 

2018年9月8日(土)徳島新聞にご掲載いただきました。

徳島新聞掲載

県産地酒ブランド「阿波十割」に1銘柄を追加
徳島県は、県産の酒米で醸造した地酒ブランド「阿波十割」に、
新たに本家松浦酒造場の「鳴門鯛 純米大吟醸」を認定しました。

●渋谷ターンテーブル阿波酒の会
2018年9月13日(木)
場所:TurnTable 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町10-3 TEL:03-3461-7722
http://turntable.jp/
阿波酒の会(OUR ZAKE)

本件に関するお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp
 

 
 

秋にしか味わえない季節限定酒「鳴門鯛 純米吟醸 秋あがり」を発売

鳴門鯛 純米吟醸 秋あがり

ひと夏じっくりと熟成させた⽇本酒「鳴⾨鯛 純⽶吟醸 秋あがり」を
平成30年9⽉3⽇(⽉)より発売しました。

「鳴⾨鯛 純⽶吟醸 秋あがり」は、徳島県産⼭⽥錦を100%使⽤した純⽶吟醸酒を低温で約7ヶ⽉間⼤切に熟成させたお酒です。

早春にしぼった若々しいお酒を低温で熟成することで、暑い夏を越えて落ち着ちつきのある円熟した旨味をまといました。秋にしか味わえない季節限定酒です。⼝当たりの良い軽めのアルコール度数と、中⼝の酒質が秋の旬の味覚を引き⽴てます。

ボトルデザインは⻘から濃紺の配⾊をほどこし、秋の深遠な夜をイメージしました。秋の夜⻑にゆっくりと味わっていただきたい⼀本です。
「鳴⾨鯛 純⽶吟醸 秋あがり」の総出荷数は限定1,000本を予定しています。
本家松浦酒造では、本品をきっかけに、秋の味覚とともに⽇本酒を楽しむ皆さまがさらに増えることを願っています。

>>リリース(pdf)を見る


【商品概要】
●商品名:鳴門鯛 純米吟醸 秋あがり
●酒類:純⽶吟醸
●使用米:徳島県産⼭⽥錦
●原材料:⽶(国産),⽶麹(国産⽶)
●精米歩合:58%精⽶
●発売日:平成30年9⽉3⽇(⽉)
●内容量・価格:720ml:1,300円(税別)
●出荷予定本数:限定1,000本

【販売について】
徳島県内の量販店も含めた酒類販売店で販売します。
※当蔵の直売所「ナルトタイの店」および、ネットショップ『鳴⾨鯛 たのしいお酒ショップ』でも販売します。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp