飲食店の皆様へ 差し込みメニューはこちらから  

Archives

now browsing by author

 

歴史的建造物の保存再生シンポジウム「時代を駆ける鳴門鯛」

時代を駆ける鳴門鯛

歴史のある撫養街道沿いに215年にわたり酒造を営んできた本家松浦酒造場。
街道を挟み、精米蔵、長屋門、仕込蔵3蔵が有形文化財に指定されています。
周辺には、土御門(つちみかど)天皇を祀る阿波神社、
四国88箇所霊場の一番札所、霊山寺奥之院の東林院(種蒔大師)など
歴史的な空間が構成されています。
酒造の歴史的価値に詳しい有識者をお招きし文化的観光拠点化への可能性を座談会形式で探っていただきます。
>>時代を駆ける鳴門鯛(pdf)を見る

【イベント詳細】
日時:2019年11月16日(土)
シンポジウム 14:30〜16:50 懇親会 17:00〜19:00 ※受付開始14:00
開催場所:本家松浦酒造場
参加費:3,500円(税込・シンポジウム・懇親会込)
定員:80名 ※定員になり次第締め切らせていただきます

【講演】
ご挨拶 鳴門市長 泉 理彦
「撫養歴史街道と伝統産業を利用した街づくり」
 
基調講演 工学院大学 理事長 後藤 治
「登録有形文化財の利活用と地域コミュニティー再生」

【座談会(敬称略)】
後藤 治(工学院大学・理事長)
柳沢秀行(大原美術館・学芸課長)
山本玲子(全国町並み保存連盟・事務局長)
佐藤彌右衛門(喜多方市蔵の会・幹事長)
豊岡和美(社団法人 徳島地域エネルギー・理事事務局長)
町田 哲(鳴門教育大学 大学院 学校教育研究科・准教授)
三木康弘(徳島ニュービジネス協議会・会長)
森下麻実子(鳴門観光興業株式会社・常務取締役)
松浦素子(本家松浦酒造・十代目蔵元)司会進行

【懇親会】
立食パーティー形式で、鳴門鯛の秘蔵酒、大吟醸(限定酒)、純米大吟醸酒など、とっておきの銘酒を心ゆくまでお楽しみいただけます。

【お申し込み方法】
お電話、メール、FAXにてお申し込みください。
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
FAX:088-689-1109
広報担当:三谷まで mitani@shumurie.co.jp
 

 

ナルトタイ蔵蔵たちきゅう 10/19(土)予約制[おつまみ持込推奨]

蔵蔵たちきゅう

★今回の蔵蔵たちきゅうは[秋刀魚と日本酒]★
お一人様一匹、炭火焼きたて秋刀魚をお楽しみいただきます。

●日時・場所
開催日:2019年10月19日(土曜)

開催時間:18時〜21時30分(ラストオーダー21時)
場所:本家松浦酒造「ナルトタイの店」前 屋外スペース(小雨決行)

※今回は蔵見学は実施いたしません。

●ご予約制
事前にご予約をお願いいたします。(FaceBookまたはお電話 0120-866-140 でお申込みください)
定員[先着60名様]
※FaceBookの場合、ご予約は「参加する」ボタンを押してください。
ご同伴の方がいらっしゃる場合は「投稿する」から人数をお知らせください。

●おつまみについて
●おつまみやソフトドリンクはご自由に持ち込みください。グループ・ご家族で食べられる量をお持ちください。
●おもてなし料理を少しご用意いたします。数に限りがありますので、品切れの際はご容赦ください。
●炭火をご用意しています。食材のあたためにご利用ください。

●お酒について
●日本酒「鳴門鯛」、日本酒カクテル、リキュールなど(400〜600円)をご用意いたします。
●少量ですがビールも販売いたします。
※酒類の持ち込みはご遠慮ください。
※ソフトドリンクは自販機をご利用ください。

●アクセス
〒779-0303 徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本19番地 「ナルトタイの店」

matsuuramap

●長屋門をくぐってお入りください。
●飲酒はしないので車で行くという方は、精米所の前に駐車できます。
ナビで088-689-1110 を入力すると精米所前に到着します。
●お車やバイクを運転される方や未成年者の飲酒は固くお断りいたします。
●なるべく公共交通機関をご利用ください。

大きな地図で見る

*JR高徳線の池谷駅からは徒歩約15分です。
*JR鳴門線の阿波大谷駅からは徒歩約8分です。

▼JR阿波大谷駅から本家松浦酒造への道のりを
ご紹介したブログもございます。
https://narutotai.jp/blog/?p=608

どうぞお気を付けてお越しください。
※お子様もご参加可能です。

 

「日本酒天国2019東京大試飲会」に参加いたします。

日本酒天国2019東京大試飲会

北は北海道から南は沖縄まで、全国各地から約50社の名門酒蔵元が大集合。
日本酒を中心にした約300種類のお酒をお楽しみいただけます。

例年のようにお酒のつまみにぴったりの味をつめた「特製折り詰め弁当」もご用意。
蔵元さんのブースには地元のおつまみもあり、料理と合わせたときに輝くお酒の魅力にも要注目です。
秋の一日、蔵元さんとの会話を楽しみながら、日本各地の個性豊かなお酒の数々を、心ゆくまでお楽しみください。(日本名門酒会公式サイトより)

【イベント詳細】
開催日時:2019年10月18日(金)
(第1部)15:00~17:00 (第2部)18:30~20:30
開催場所:京王プラザホテル 5F コンコードボールルーム 東京都新宿区西新宿2-2-1
入場料:お一人様 5,000円(税込)*特製折詰め付(明治座)
定員:第1部、第2部とも各1,000名
*完全予約制。第1部と第2部は完全入替制となります。

●要予約。チケット販売サイト「e+(イープラス)」にて事前にチケットをご購入ください。
https://eplus.jp/sf/detail/3081210001-P0030001
 

 

『あわいちば山田錦』稲刈り会に参加しませんか?

『あわいちば山田錦』稲刈り会

徳島のブランド酒米『あわいちば山田錦』稲刈り会に参加しませんか?

平素は「鳴門鯛」に格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
6月に手植えした徳島のブランド酒米『あわいちば山田錦』が、台風の雨風にも負けず夏の太陽の恵みを受けてすくすく育ち、収穫の時期を迎えました。
秋空の下、みんなで稲刈りしませんか?終わった後は、お弁当を広げて収穫のお祝いをいたしましょう。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

●開催日・場所
2019年10月20日(日) 阿波市役所駐車場集合(阿波市アエルワホール隣の庁舎です)
小雨決行。雨天の場合は中止します。中止の場合は当日朝6時にご連絡します。

●募集人数
20名様程度 ※定員となりました。

FaceBookの場合「参加する」ボタンを押した上で、連絡先のお電話番号と人数をメッセージにてお知らせください。
※お電話(088-689-1110)FAX(088-689-1109)メール(mitani@shumurie.co.jp)でもご予約を承ります。
※お子様もご参加可能です。

●参加費
無料。※昼食と日本酒のお土産付きです
(未成年の参加者様には日本酒は付きません)

●準備物(各自)
動きやすい服装、軍手または手袋、帽子、タオル、長靴もしくは汚れてもよい運動靴。
※紫外線が強いため、日焼け対策は入念に行ってください。
※刈り方はJA市場の方が親切に教えてくださいます。
※鎌は準備いたします。

●スケジュール(予定)
9:00 阿波市役所駐車場集合
10:00 稲刈りスタート
12:00 田んぼで収穫祭(昼食)
13:00 解散

●お問合せ先
本家松浦酒造場 088-689-1110(三谷)mitani@shumurie.co.jp

 

阪急うめだ本店 地下2回日本酒売り場にて試飲販売をいたします。

 阪急うめだ本店 地下2階日本酒売り場にて試飲販売をいたします。
お近くの方はぜひ、鳴門鯛のお酒をお試しにお越しください。

日時:2019年10月23日(水)〜29日(火)
10時〜20時(金土は21時まで)

〒530-8350 大阪府大阪市北区角田町8番7号
阪急うめだ本店 地下2回フロアガイド

 

 

全国燗酒コンテスト2019「鳴門鯛 特別純米」がプレミアム燗酒部門で「金賞」を受賞

「鳴門鯛 特別純米」がプレミアム燗酒部門で「金賞」を受賞

全国燗酒コンテスト2019 「鳴門鯛 特別純米」が
プレミアム燗酒部門で「金賞」を受賞

株式会社本家松浦酒造場 (徳島県鳴門市 代表取締役 三上 康士)の
「鳴門鯛 特別純米」が全国燗酒コンテスト2019のプレミアム燗酒部門で「金賞」を受賞しました。

全国燗酒コンテスト2019は、268社から905点の酒が出品され、去る7月31日に実施された審査の結果、審査員の評価スコアの平均値で上位30%が金賞、うち最上位5%が最高金賞と認定されました。徹底したブラインドテストのもと審査が行われ、マスキングされた状態で審査温度まで湯煎し、酒造技術者、酒類流通関係者、酒類スクール講師などの専門家39名が審査。5段階で評価し、平均値の上位から入賞酒を選定しました。

プレミアム燗酒部門は、720mlで1,100円超(税別)の酒を審査温度:45℃で評価する部門で、「鳴門鯛 特別純米」はエントリー323点中、上位25.7%の「金賞」を受賞しました。
「全国燗酒コンテスト」は世界で唯一、温めておいしい日本酒を選ぶコンテストです。世界にはビール、ワイン、ウイスキー、ウォッカなどさまざまな酒がありますが、適温の幅広さは日本酒が群を抜きます。「温めておいしい酒」を周知することによって「燗」という日本酒ならではの魅力を知っていただくことを目的としたコンテストです。

当蔵では、当蔵の定番酒「鳴門鯛 特別純米」の金賞受賞を喜びで迎えるとともに、この受賞を契機に、さまざまな温度で日本酒を味わい、ワインとはひと味違った料理とのペアリングをお楽しみいただく方が増えることを願っています。

ナルトタイ 純米原酒 水ト米

自社で蔵人が丹念に手作りした麹で醸した特別な純米酒。
飲み飽きのないまろやかな味わいの純米酒に仕上げました。
「扁平精米」と呼ばれる技術の高い精米方法を行っており、純米酒ならではのふくよかな香りと巾のある米の旨味が、軽やかな酸味と調和しています。
和食と良く合うテイストです。冷から燗までお好みに合わせてお楽しみいただけます。


【商品概要】
●酒類:純米酒
●アルコール度数:15度以上16度未満
●精米歩合:60%
●原材料:米(国産)、米麹(国産米)
●内容量 価格:300ml 459円(税別) 、720ml 1,200円(税別)、1800ml 2,135円(税別)
https://www.narutotai-sake.jp/SHOP/10621_10622_10623tokujun.html
【販売について】
県内の酒販店、お土産店などで販売しています。
※当蔵の直売所「ナルトタイの店」、ネットショップ「鳴⾨鯛 たのしいお酒ショップ」でも販売しています

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp
 

 
 
 

2019年8月7日(水)徳島新聞にご掲載いただきました。

徳島新聞掲載

2019年8月7日(水)徳島新聞にご掲載いただきました。
日本酒国際品評会で上位「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」
 

商品に関するお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp
 

ナルトタイ 純米原酒 水ト米

 
 

蔵人(日本酒製造スタッフ)募集につきまして。

杜氏募集

【酒蔵で働きませんか♪】
本家松浦酒造では、酒蔵で日本酒を造る蔵人を募集しています。
日本の伝統文化である日本酒を造ってみませんか?

※募集を終了いたしました。(2019.8.8)

ナルトタイの店、日曜日もオープンしております!

7月から、ご要望のありました日曜日もオープンしております!

ナルトタイの店
本家松浦酒造では、蔵の一角を改装し「ナルトタイの店」を営業しています。
鳴門鯛の日本酒、秘蔵酒、すだち酒、にごり梅酒、にごり果実酒など、蔵元謹製の酒を直売いたします。試飲もご用意しています。
徳島県鳴門市にお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

ナルトタイの店

「ナルトタイの店」についてのお問い合わせは
フリーダイヤル 0120-866ー140(お電話受付時間:9時〜17時)

営業時間:9時〜17時
※年末年始・お盆・ゴールデンウイークは店休日となっております。

※2019年7月より、日曜日も営業いたします。


 

「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」「Kura Master 2019」純米酒部門でプラチナ賞トップ5を受賞

ナルトタイ 純米原酒 水ト米

「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」フランス開催の日本酒コンクール
「Kura Master 2019」純米酒部門でプラチナ賞トップ5を受賞

株式会社本家松浦酒造場 (徳島県鳴門市 代表取締役 三上 康士)の
「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」が去るフランスで開催された日本酒コンクール「Kura Master 2019 」純米酒部門プラチナ賞を受賞。さらに純米酒部門プラチナ賞 トップ5に選定されました。
また「鳴門鯛 純米大吟醸」 は純米大吟醸部門で金賞を受賞しました。

日本酒コンクール「Kura Master」は、フランスで2017年から開催されている日本酒のコンクールで、フランス人のソムリエ、レストラン関係者などの審査員によって、ブラインドで審査が行われています。今年度は、過去最多の271蔵より720銘柄が出品され、「純米大吟醸酒部門」「純米酒部門」「スパークリングStandard部門」「スパークリングSoft部門」の4カテゴリでプラチナ賞と金賞が発表されました。
「Kura Master」の受賞は、徳島県では初となります。

「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」は、純米酒部門 プラチナ賞のトップ5に選出されましたので、パリで開催される授賞式に参加することになりました。
来る7月9日、パリのOECD日本政府代表部大使公邸にて開催される授賞式では、純米大吟醸酒部門のトップ5、純米酒部門のトップ5、スパークリングSoft部門のトップ2、スパークリングStandard部門のトップ2本を合わせた「トップ14」の中から、さらに部門ごとに審査員賞が各1本、そしてすべての中からプレジデント賞が1本選出されます。
当蔵からは、十代目蔵元である松浦素子が授賞式に臨みます。

「Kura Master」とは
日本酒コンクール「Kura Master」は、フランスで2017年から開催されている、フランス人によるフランス人のためのフランスの地で行う、日本酒のコンクールで、ソムリエ、レストラン関係者などの審査員によって、ブラインドでティスティングが行われます。
フランス人とフランスのマーケットに向けた審査基準で、100点満点の加点法マークシート方式により評価されます。
料理と酒のマリアージュを大切にするフランス人ならではの視点で選ばれた日本酒として、近年注目されているコンクールです。>>Kura Masterサイト(日本語ページ)

ナルトタイ 純米原酒 水ト米
「Kura Master 2019」純米酒部門
プラチナ賞 トップ5受賞「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」

●ロンドンに続き、フランスでも受賞
本品はロンドンで開催された IWC(インターナショル・ワイン・チャレンジ ) 2015 純米酒部門で最高金賞 [トップロフィー]を受賞した「ナルトタイ 純米 水ト米」を、さらなる美味しさを追求してリニューアルさせた原酒タイプの純米酒です。
「水ト米」シリーズが、ロンドンに続いて、食の都フランス・パリでも高い評価をいただきました。
●ワインを飲むことが多い方にも好評
「水ト米 」はさわやかな含み香と適度酸が相まって白ワインのような味わい 。独特の麹ばなといわれる香りがありません。普段はワインが多い方にもご好評いただいています。
モッツアレラチーズとプチトマトのカプレーゼ、岩塩とオリーブイル仕立てのタコの湯引き、鳴門鯛のカルパッチョなど、白ワインとペアリングされる料理によく調和します。
●「水ト米」独特の製法
「水ト米」は明治時代に「速醸もと」の発明で知られる故江田鎌治朗氏が考案し、当時実現できなかった製法を再現しました。
酒母には酵母以外は添加せず、自然の乳酸の力だけで発酵が進むので、酸がやわらかな優しい味になりました。もろみの段階でアルコール度数を調整し、原酒といえどもアルコールのトゲのない軽やかな口あたり。また、原酒ならではの深みのある味わいもあります。
●「水ト米」が提案する日本酒スタイル
香りをより楽しむためワイングラスをおすめします。冷蔵庫でよくやした「水ト米」をグラスに注いでお楽しみください。
●洗練されたラベルデザイン
黒と白金を基調色とした、シンプルかつ洗練されたラベルデザインは、 飲食店様はもちろん、バー業態でも違和感がありません。

【商品概要】
●酒類:純米酒
●アルコール度数:14度以上15度未満
●精米歩合:65%
●原材料:米(国産)、米麹(国産米)
●内容量 価格:720ml 1,200円 (税別)
https://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11192mizutokome.html

「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」受賞歴
●U.S.National Sake Appraisal 2018(全米日本酒歓評会)純米部門金賞受賞(2018.6)
●IWC(インターナショル・ワイン・チャレンジ)2018 純米酒の部大会推奨酒 (2018.5)
●U.S.National Sake Appraisal 2016(全米日本酒歓評会)純米部門 銀賞受賞(2016.9)
●「とくしま特選ブランド」認定。 (2016.6)
●「ワイングラスでおいしい日本酒アワード金賞受賞(2016.3)


「Kura Master 2019」純米大吟醸酒部門 金賞受賞
「Kura Master 2019」純米大吟醸酒部門
金賞受賞「鳴門鯛 純米大吟醸」

■繊細な和食を引き立てる絶品
芳醇な旨味ときめ細やかな酸味が融合した優雅な味わい。大吟醸ならではの果物を彷彿とさせる甘く上品な香り。
余韻は、まろやかな香ばしさが舌の上に静かに残ります。 酒造好適米 山田錦を40%まで丹念にみがきあげ、醪の状態で30日、じっくりと長期低温発酵にて造られます。熟練の蔵人の技と手間が惜しみなく注がれた、当蔵の誇る純米大吟醸です。鯛をはじめとする白身魚の刺身など、繊細な和食との組み合わせは絶品です。

【商品概要】
●酒類:純米大吟醸
●アルコール度数:16度以上17度未満
●使用米(精米歩合):山田錦(40%)
●原材料:米(国産)、米麹(国産米)
●内容量 価格:720ml 3,500円 (税別)、1800ml 7,000円(税別)
https://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11192mizutokome.html


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp