飲食店の皆様へ 差し込みメニューはこちらから  

プレスリリース

now browsing by category

 

「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」「Kura Master 2019」純米酒部門でプラチナ賞トップ5を受賞

ナルトタイ 純米原酒 水ト米

「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」フランス開催の日本酒コンクール
「Kura Master 2019」純米酒部門でプラチナ賞トップ5を受賞

株式会社本家松浦酒造場 (徳島県鳴門市 代表取締役 三上 康士)の
「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」が去るフランスで開催された日本酒コンクール「Kura Master 2019 」純米酒部門プラチナ賞を受賞。さらに純米酒部門プラチナ賞 トップ5に選定されました。
また「鳴門鯛 純米大吟醸」 は純米大吟醸部門で金賞を受賞しました。

日本酒コンクール「Kura Master」は、フランスで2017年から開催されている日本酒のコンクールで、フランス人のソムリエ、レストラン関係者などの審査員によって、ブラインドで審査が行われています。今年度は、過去最多の271蔵より720銘柄が出品され、「純米大吟醸酒部門」「純米酒部門」「スパークリングStandard部門」「スパークリングSoft部門」の4カテゴリでプラチナ賞と金賞が発表されました。
「Kura Master」の受賞は、徳島県では初となります。

「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」は、純米酒部門 プラチナ賞のトップ5に選出されましたので、パリで開催される授賞式に参加することになりました。
来る7月9日、パリのOECD日本政府代表部大使公邸にて開催される授賞式では、純米大吟醸酒部門のトップ5、純米酒部門のトップ5、スパークリングSoft部門のトップ2、スパークリングStandard部門のトップ2本を合わせた「トップ14」の中から、さらに部門ごとに審査員賞が各1本、そしてすべての中からプレジデント賞が1本選出されます。
当蔵からは、十代目蔵元である松浦素子が授賞式に臨みます。

「Kura Master」とは
日本酒コンクール「Kura Master」は、フランスで2017年から開催されている、フランス人によるフランス人のためのフランスの地で行う、日本酒のコンクールで、ソムリエ、レストラン関係者などの審査員によって、ブラインドでティスティングが行われます。
フランス人とフランスのマーケットに向けた審査基準で、100点満点の加点法マークシート方式により評価されます。
料理と酒のマリアージュを大切にするフランス人ならではの視点で選ばれた日本酒として、近年注目されているコンクールです。>>Kura Masterサイト(日本語ページ)

ナルトタイ 純米原酒 水ト米
「Kura Master 2019」純米酒部門
プラチナ賞 トップ5受賞「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」

●ロンドンに続き、フランスでも受賞
本品はロンドンで開催された IWC(インターナショル・ワイン・チャレンジ ) 2015 純米酒部門で最高金賞 [トップロフィー]を受賞した「ナルトタイ 純米 水ト米」を、さらなる美味しさを追求してリニューアルさせた原酒タイプの純米酒です。
「水ト米」シリーズが、ロンドンに続いて、食の都フランス・パリでも高い評価をいただきました。
●ワインを飲むことが多い方にも好評
「水ト米 」はさわやかな含み香と適度酸が相まって白ワインのような味わい 。独特の麹ばなといわれる香りがありません。普段はワインが多い方にもご好評いただいています。
モッツアレラチーズとプチトマトのカプレーゼ、岩塩とオリーブイル仕立てのタコの湯引き、鳴門鯛のカルパッチョなど、白ワインとペアリングされる料理によく調和します。
●「水ト米」独特の製法
「水ト米」は明治時代に「速醸もと」の発明で知られる故江田鎌治朗氏が考案し、当時実現できなかった製法を再現しました。
酒母には酵母以外は添加せず、自然の乳酸の力だけで発酵が進むので、酸がやわらかな優しい味になりました。もろみの段階でアルコール度数を調整し、原酒といえどもアルコールのトゲのない軽やかな口あたり。また、原酒ならではの深みのある味わいもあります。
●「水ト米」が提案する日本酒スタイル
香りをより楽しむためワイングラスをおすめします。冷蔵庫でよくやした「水ト米」をグラスに注いでお楽しみください。
●洗練されたラベルデザイン
黒と白金を基調色とした、シンプルかつ洗練されたラベルデザインは、 飲食店様はもちろん、バー業態でも違和感がありません。

【商品概要】
●酒類:純米酒
●アルコール度数:14度以上15度未満
●精米歩合:65%
●原材料:米(国産)、米麹(国産米)
●内容量 価格:720ml 1,200円 (税別)
https://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11192mizutokome.html

「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」受賞歴
●U.S.National Sake Appraisal 2018(全米日本酒歓評会)純米部門金賞受賞(2018.6)
●IWC(インターナショル・ワイン・チャレンジ)2018 純米酒の部大会推奨酒 (2018.5)
●U.S.National Sake Appraisal 2016(全米日本酒歓評会)純米部門 銀賞受賞(2016.9)
●「とくしま特選ブランド」認定。 (2016.6)
●「ワイングラスでおいしい日本酒アワード金賞受賞(2016.3)


「Kura Master 2019」純米大吟醸酒部門 金賞受賞
「Kura Master 2019」純米大吟醸酒部門
金賞受賞「鳴門鯛 純米大吟醸」

■繊細な和食を引き立てる絶品
芳醇な旨味ときめ細やかな酸味が融合した優雅な味わい。大吟醸ならではの果物を彷彿とさせる甘く上品な香り。
余韻は、まろやかな香ばしさが舌の上に静かに残ります。 酒造好適米 山田錦を40%まで丹念にみがきあげ、醪の状態で30日、じっくりと長期低温発酵にて造られます。熟練の蔵人の技と手間が惜しみなく注がれた、当蔵の誇る純米大吟醸です。鯛をはじめとする白身魚の刺身など、繊細な和食との組み合わせは絶品です。

【商品概要】
●酒類:純米大吟醸
●アルコール度数:16度以上17度未満
●使用米(精米歩合):山田錦(40%)
●原材料:米(国産)、米麹(国産米)
●内容量 価格:720ml 3,500円 (税別)、1800ml 7,000円(税別)
https://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11192mizutokome.html


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp
 

 
 
 

「鳴門鯛 大吟醸」が「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2019」 大吟醸部門で金賞3年連続受賞



「鳴門鯛 大吟醸」が「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2019 大吟醸部門」で
金賞を受賞しました。
2017年・2018年に続き、大吟醸部門で3年連続の金賞受賞となります。

ワイングラスでおいしい日本酒アワード」は、ワイングラスで日本酒を飲む新しいスタイルを提案し、「世代」「業態」「国」の境界を超えて、日本酒を広げることを目指しているアワードです。
今年は9年目を迎え、250社から883点のエントリーがありました。
ワイングラスで飲んだときにおいしく感じる日本酒という視点で、専門の審査員によって、
ラベルが見えないブラインド方式で選考されました。

本家松浦酒造では、2014年・2015年に「鳴門鯛 純国産・無添加純米」がメイン部門にて2年連続金賞を受賞、2016年に「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」がメイン部門で金賞受賞、2017年・2018年には「鳴門鯛 大吟醸」が大吟醸部門で金賞を受賞したのに続き6年連続の受賞です。

金賞・最高金賞を受賞したお酒を試飲できる「表彰式&入賞酒お披露目会」が2019年5月15日(金)に虎ノ門ヒルズで開催されます。
本家松浦酒造では、本受賞をきっかけに、ワイングラスで気軽に日本酒を楽しむ若者や女性の皆さまがさらに増えることを願っています。

【商品概要】
●商品名:鳴門鯛 大吟醸
●酒類:大吟醸
●アルコール度数:16度以上17度未満
●使用米(精米歩合) :麹米:山田錦(48%) 掛米:山田錦(48%)
●原材料:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
●販売地域:徳島県内を中心に全国へ向けて発信
●内容量・価格:
鳴門鯛 大吟醸 300ml:800円 (税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11000daiginjo300.html
鳴門鯛 大吟醸 720ml:3,000円 (税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11002daiginjo720.html
鳴門鯛 大吟醸 1800ml:5,000円 (税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11001daiginjo1800.html

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp
 

 
 
 

ほっとなごむ、春のお酒「鳴門鯛 純米吟醸 なごみ純吟」新発売

鳴門鯛 純米吟醸 なごみ純吟

ほっとなごむ、春のお酒「鳴門鯛 純米吟醸 なごみ純吟」を
平成31年2月18日(月)より販売しています。

「鳴門鯛 純米吟醸 なごみ純吟」は徳島県産の酒造好適米「山田錦」を100%使用した純米吟醸。ほどよいフルーツ香があり、米の優しい甘みとコクがしっかりと感じられます。口に含んだ瞬間にふわっと味が膨らみ、口当たりはとてもなめらか。後味は高めの酸がたちのぼり、口内がキリッと引き締まります。
「なごみ純吟」という、ひらがな名がその酒質をよく表しています。お料理を引き立て、ほっとなごむ香味のお酒ですから、うららかな春の日に梅・桃・桜などの花々を眺めながらお飲みいただくのにぴったり。カドのない、なめらかなタッチをお楽しみいただけます。

「鳴門鯛 純米吟醸 なごみ純吟」の総出荷数は限定1,000本を予定しています。
本家松浦酒造では、本品をきっかけに、春の行事に合わせて⽇本酒を楽しむ皆さまがさらに増えることを願っています。


【商品概要】
●商品名:鳴門鯛 純米吟醸 なごみ純吟
●酒類:純⽶吟醸
●使用米:徳島県産米「山田錦」
●アルコール度数:16度以上17度未満
●原材料:⽶(国産),⽶麹(国産⽶)
●精米歩合:55%精⽶
●内容量・価格:720ml/1,400円(税別)、1800ml/2,800円(税別)
●出荷予定本数:限定1,000本

【販売について】
県内の酒販店、全国の日本名門酒会加盟店で販売します。
※当蔵の直売所「ナルトタイの店」および、ネットショップ
鳴⾨鯛 たのしいお酒ショップ』でも販売中です。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

 

 
 
 

春を迎える祝い酒「鳴門鯛 立春朝搾り」 平成最後の“立春の日”に実施

鳴門鯛立春朝搾り

株式会社本家松浦酒造場(徳島県鳴⾨市 代表取締役 喜屋武博樹)は、⽴春を國酒で祝う
迎春の⾏事「鳴⾨鯛 ⽴春朝搾り」を平成31年2⽉4⽇(⽉)⽴春の早朝に実施します。

「鳴門鯛 立春朝搾り」は酒販店が蔵元に集まり、早朝に搾りあがったばかりの生原酒をビン詰めし、
ラベルを貼り、阿波神社でご祈祷を行い、その日のうちにお客様にお届けするものです。
祈祷を⾏っているため、今年の幸運と繁栄を招く縁起の良いお酒です。
しぼりたての地酒を地元のお客様にその⽇のうちにお届けできる、⽇本酒業界にとって画期的な取り組みです。
「搾りたてでフレッシュ」「⽇本酒のイメージが変わった」という声をお客様からいただいています。

「立春朝搾り」は全国の蔵元や酒販店でつくる日本名門酒会(本部・東京)が呼びかけ、
全国⼀⻫2⽉4⽇に開催されます。平成31年は北は北海道から南は九州まで全国45蔵での開催です。
昨年は全国43蔵で実施したところ、⽇本名⾨酒会の出荷量は31万本を記録しました。
徳島県では当蔵のみが参加しており、当蔵では今年で12年⽬の実施となります。
 
本家松浦酒造では「鳴⾨鯛 ⽴春朝搾り」について昨年実績の同数の3,500本(出荷本数720ml換算)の販売を⾒込んでいます。

徳島県産⼭⽥錦を100%使⽤。上品で清楚な桜のような⾹り。
酸味は低く、春らしい優しい呑⼝ながら、若々しい呑み応えのあるお酒を⽬指しています。
お酒を搾ったままの⽣原酒でお届けするために、濾過・加⽔・⽕⼊れは⾏っておりません。

 

【鳴門鯛 立春朝搾りの特長】

◆〈立春朝搾り〉は当日搾り
節分の夜から一晩中、もろみを搾り続け、立春の早朝に搾りあがったばかりの生原酒を、その日のうちにお届けします。
朝できたばかりのお酒を、その日の夜に飲めるので、この上なくフレッシュです。
加水や加熱をしない搾りたての生酒、しかも原酒です。

◆杜氏泣かせの〈立春朝搾り〉
搾り上がりが2月4日と決まっている立春朝搾りは、できあがりが早すぎたり遅くなったりしないよう、完璧な管理と微妙な調整が必要です。「大吟醸より神経を使う」という杜氏泣かせのお酒なのです。 また、搾り上がったらすぐに瓶詰めして出荷しなければならないため、この日蔵人たちは夜中から、ときには徹夜で作業を行います。

◆酒屋さんも蔵に行ってお手伝い
〈立春朝搾り〉をその日のうちに飲んでいただくため、「立春朝搾り加盟店」が早朝から本家松浦酒造場の蔵に集まり、ラベル貼りや出荷の作業を手伝います。

◆蔵元近郊地域でしか飲めない地域限定酒
〈立春朝搾り〉は蔵元近郊の「立春朝搾り加盟店」が直接、蔵から持ち帰る地域限定酒。
やっぱり徳島の酒はうまい!!と思っていただけるお酒です。

◆お祓いをしているから、めでたさひとしお
蔵元・酒販店さん総出の出荷作業の後、阿波神社の神主さんによるお祓いが行われます。無病息災・家内安全・商売繁盛・大願成就・社運向上・開運厄除を祈願。今年の幸運と繁栄を招く縁起の良いお酒です。

 
rishun04

 
下記のムービー「日本酒 鳴門鯛が生まれるまで」でも、これまでの立春朝搾りの光景をご覧いただけます。

【商品概要】

●商品名:鳴門鯛 立春朝搾り  
●酒類:純米吟醸 生原酒
●原材料:徳島県産山田錦 58%精米
●発売日:平成31年2⽉4⽇(⽉)⽴春
●内容量・価格:720ml:1,600円(税別)、1800ml:3,200円(税別)

【ご予約について】

立春朝搾りに参加する下記の酒販店での予約販売制です。
<予約〆切:平成31年1⽉27⽇(⽇)>

徳島県
●(株)鹿の子 0886-22-7131 徳島県徳島市秋田町2-7
●(株)酒のえびす 088-652-4746 徳島県徳島市山城西2-39
●アワーリカー沖浜店 088-655-5521 徳島県徳島市山城西4-2
●アワーリカー藍住店 088-692-0026 徳島県板野郡藍住町東中富字朏傍示41-1
●ドラッグストアチャーリー⼩松島店 0885-37-3933 徳島県⼩松島市⼤林町字宮の本98-1
●(有)多積商店 0885-32-0166 徳島県⼩松島市中⽥町中筋101-2
●(有)大安 0883-36-2036 徳島県阿波市市場町香美字西野神177-9
香川県
●(有)松田酒店 0877-23-5100 香川県丸亀市西平山町286
●澄酒・すきま 087-802-4771 ⾹川県⾼松市内町6-10松野ビル 1F
愛媛県
●(有)酒吉 モアイ 089-931-5000 愛媛県松山市平和通2-2-2

 
 
【本件に関するお問い合わせ】

株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

 

 

 

 

今年初の新酒 「鳴門鯛 純米大吟醸 新酒しぼりたて」を限定発売

鳴門鯛 純米大吟醸 新酒しぼりたて

H30BY[平成30年酒造年度]の新酒第⼀弾
「鳴⾨鯛 純⽶⼤吟醸 新酒しぼりたて」を平成30年11⽉15⽇(⽊)より発売します。

「鳴⾨鯛 純⽶⼤吟醸 新酒しぼりたて」は徳島県産⽶を100%使⽤。⿐先をくすぐる熟れた完熟果実のような芳醇な⾹り。新酒らしいさわやかな酸が広がる⼀⽅で、厚みのある味わいが後味となってリッチ感を堪能できます。酸と旨味のバランスのとれた、もたつきのない純⽶⼤吟醸です。

この新酒の純⽶⼤吟醸を加熱殺菌(⽕⼊れ)しない本⽣の状態で出荷します。
加熱殺菌していない⽣酒はデリケートなため、冷蔵管理で販売します。⽣酒のフレッシュな⾹りや味わいをお楽しみいただけますので、これからの季節の晩酌や宴席はもちろん、⼿みやげや贈り物にもおすすめです。

「鳴⾨鯛 純⽶⼤吟醸 新酒しぼりたて」の総出荷数は限定1,200本を予定しています。
本家松浦酒造では、本品をきっかけに、新酒の⽇本酒を楽しむ皆さまがさらに増えることを願っています。

>>リリース(pdf)を見る


【商品概要】
●商品名:鳴門鯛 純米大吟醸 新酒しぼりたて
●酒類:純⽶大吟醸
●アルコール度数:14度以上15度未満
●使用米:徳島県産米
●原材料:⽶(国産),⽶麹(国産⽶)
●精米歩合:45%
●内容量・価格:720ml:1,500円(税別)
●出荷予定本数:限定1,200本

【販売について】
徳島県内の量販店も含めた酒類販売店で販売します。
※当蔵の直売所「ナルトタイの店」および、ネットショップ『鳴⾨鯛 たのしいお酒ショップ』でも販売します。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

 

 
 
 

秋にしか味わえない季節限定酒「鳴門鯛 純米吟醸 秋あがり」を発売

鳴門鯛 純米吟醸 秋あがり

ひと夏じっくりと熟成させた⽇本酒「鳴⾨鯛 純⽶吟醸 秋あがり」を
平成30年9⽉3⽇(⽉)より発売しました。

「鳴⾨鯛 純⽶吟醸 秋あがり」は、徳島県産⼭⽥錦を100%使⽤した純⽶吟醸酒を低温で約7ヶ⽉間⼤切に熟成させたお酒です。

早春にしぼった若々しいお酒を低温で熟成することで、暑い夏を越えて落ち着ちつきのある円熟した旨味をまといました。秋にしか味わえない季節限定酒です。⼝当たりの良い軽めのアルコール度数と、中⼝の酒質が秋の旬の味覚を引き⽴てます。

ボトルデザインは⻘から濃紺の配⾊をほどこし、秋の深遠な夜をイメージしました。秋の夜⻑にゆっくりと味わっていただきたい⼀本です。
「鳴⾨鯛 純⽶吟醸 秋あがり」の総出荷数は限定1,000本を予定しています。
本家松浦酒造では、本品をきっかけに、秋の味覚とともに⽇本酒を楽しむ皆さまがさらに増えることを願っています。

>>リリース(pdf)を見る


【商品概要】
●商品名:鳴門鯛 純米吟醸 秋あがり
●酒類:純⽶吟醸
●使用米:徳島県産⼭⽥錦
●原材料:⽶(国産),⽶麹(国産⽶)
●精米歩合:58%精⽶
●発売日:平成30年9⽉3⽇(⽉)
●内容量・価格:720ml:1,300円(税別)
●出荷予定本数:限定1,000本

【販売について】
徳島県内の量販店も含めた酒類販売店で販売します。
※当蔵の直売所「ナルトタイの店」および、ネットショップ『鳴⾨鯛 たのしいお酒ショップ』でも販売します。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

 

 
 
 

「いつもあなたの食卓に」をコンセプトにした 新しい日本酒シリーズ 「ナルトタイ Onto the table」を発売

新しい⽇本酒シリーズ「ナルトタイ Onto the table(オントゥ・ザ・テーブル)」
を平成30年6⽉20⽇(⽔)より発売しました。

ナルトタイ Onto the table(オントゥ・ザ・テーブル)
「ナルトタイ Onto the table」シリーズは、徳島県産⽶を100%使⽤した、純⽶酒、純⽶吟醸酒、純⽶⼤吟醸酒の3種類。数量限定で純⽶⼤吟醸 雫搾りを販売します。
「ナルトタイ Onto the table」は、毎⽇の⾷卓にも取り⼊れやすい、味わいとデザインと価格をご提案いたします。
本家松浦酒造のアイコンである鳴⾨鯛を配し、普段は⽇本酒を召し上がらない⽅でも思わず⼿に取りたくなるカジュアルなイメージに仕⽴てました。毎⽇の⾷卓に置いていただきたいという思いからシリーズ全品、値ごろ感を重視しました。シリーズの初回総出荷数は6,000本を予定しています。
本家松浦酒造では、本品をきっかけに、毎⽇の⾷卓(Onto the table)で気軽に⽇本酒を楽しむ若者や⼥性の皆さまがさらに増えることを願っています。

>>リリース(pdf)を見る

ナルトタイ Onto the table 純米
ナルトタイ Onto the table 純米
●酒類:純⽶
●アルコール度数:15度以上16度未満
●使用米:徳島県産⽶
●精⽶歩合:65%
●原材料:⽶(国産)、⽶麹(国産⽶)
●内容量・価格:
180ml 300円(税別)、720ml 850円(税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/10573_10567_ottjm.html

徳島県産⽶を100%使⽤し、⽶の持つ旨味を引き出した旨⼝タイプのお酒です。 ほどよいフルーツ⾹がありながら、引きの良い、まさに⾷中にぴったりの酒質に仕上げました。


ナルトタイ Onto the table 純米吟醸
ナルトタイ Onto the table 純米吟醸
●酒類:純⽶吟醸
●アルコール度数:15度以上16度未満
●使用米:徳島県産⽶
●精⽶歩合:55%
●原材料:⽶(国産)、⽶麹(国産⽶)
●内容量・価格:
180ml 388円(税別)、720ml 1,100円(税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/10572_10566_ottjg.html

徳島県産⽶を100%使⽤し、酸味が少なく⼝当たりのなめらかなすっきりとした淡麗タイプに仕上げました。ひとくち含むと、まろやかな⾹りと旨みがふくらみ、⼀瞬にして爽やかに消えていきます。


ナルトタイ Onto the table 純米大吟醸
ナルトタイ Onto the table 純米大吟醸
●酒類:純米大吟醸
●アルコール度数:15度以上16度未満
●使用米:徳島県産⽶
●精⽶歩合:45%
●原材料:⽶(国産)、⽶麹(国産⽶)
●内容量・価格:
180ml 494円(税別)、720ml 1,400円(税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/10571_10565_ottjdg.html

徳島県産⽶を100%使⽤。熟れたバナナを連想させる芳醇な⾹りと旨⼝タイプの酒質がしっかりとした飲みごたえを演出します。少し冷やすことでシャープさも加わり、このお酒のポテンシャルをさらに引き出します。


ナルトタイ Onto the table 純米大吟醸 雫搾り【限定生産・化粧箱入り】
ナルトタイ Onto the table 純米大吟醸 雫搾り【限定生産・化粧箱入り】
●酒類:純⽶⼤吟醸
●アルコール度数:17度以上18度未満
●使用米:徳島県産⽶
●精⽶歩合:45%
●原材料:⽶(国産)、⽶麹(国産⽶)
●内容量・価格:720ml 3,000円(税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/10603_ottjdgshzk.html

シリーズ最⾼峰「Onto the table 純⽶⼤吟醸 雫搾り」は、“純⽶⼤吟醸”のしずくを集めた贅沢酒です。“純⽶⼤吟醸”を袋に⼊れて吊し、落ちてきた雫(しずく)を集めました。「圧⼒」をかけていないため、清らかな⾄福の味わいをお楽しみいただけます。徳島県産⽶を100%使⽤。熟れたバナナを連想させる芳醇な⾹りと旨⼝タイプの酒質がしっかりとした飲みごたえを演出します。


【販売について】
全国の量販店、酒販店で販売します。
*当蔵直売所「ナルトタイの店」および、ネットショップ「鳴⾨鯛 たのしいお酒ショップ」でも販売します。
ナルトタイ Onto the table

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

 

 
 
 

ハワイ開催 全米日本酒歓評会 2018 で「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」金賞を受賞

ハワイ開催 全米日本酒歓評会2018で
「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」「金賞」を受賞

ハワイ・ホノルルで審査が⾏われたU.S.National Sake Appraisal(全⽶⽇本酒歓評会)2018で「ナルトタイ 純⽶原酒 ⽔ト⽶(みずとこめ)」が「⾦賞」を受賞しました。

U.S.National Sake Appraisal(全⽶⽇本酒歓評会)は2001年から毎年開催され、2018年は6⽉5⽇〜7⽇、ホノルルにあるハワイ⽇本⽂化センター/ハワイ・コンベンション・センターで審査会が⾏われました。
⽇本で1910年以来毎年開催されている全国新酒鑑評会の⼿順に基づく⽅法を採⽤しており、⽇本⼈8名、外国⼈3名の審査員が、およそ400点の出品酒を、完全なブラインド⽅式、かつ審査員全員がすべての出品酒を審査する⽅式で⾏われ、194の蔵元から出品された合計478点の中から、⾦賞134点、銀賞126点が選考されました。  >>リリース(pdf)を見る

 純⽶原酒 ⽔ト⽶
U.S.National Sake Appraisal
(全米日本酒歓評会2018)
金賞 受賞「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」

●酒類:純⽶
●アルコール度数:14度以上15度未満
●精⽶歩合65%:
●原材料:⽶(国産),⽶麹(国産⽶)
●内容量・価格:720ml 1,200円(税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11192mizutokome.html


【販売について】
主に徳島県内の量販店、酒販店で販売しています。⼀部、県外の酒販店でも販売しています。
※当蔵直売所「ナルトタイの店」および、ネットショップ「鳴⾨鯛 たのしいお酒ショップ」でも販売しています。

【試飲会について】
出品酒は⼀般公開される利き酒会「ジョイ・オブ・サケ」に試飲⽤として展⽰されます。
2018年の「ジョイ・オブ・サケ」は、ホノルル、ニューヨーク、ロンドン、東京の世界4都市で⾏われ、合計4,000名以上の来場が⾒込まれています。

THE JOY OF SAKE「ジョイ・オブ・サケ」開催⽇程
2018年6⽉15⽇(⾦):ニューヨーク
2018年7⽉27⽇(⾦):ホノルル
2018年9⽉28⽇(⾦):ロンドン
2018年11⽉7⽇(⽔):東京


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

 

 
 
 

IWC 2018 メダル受賞

世界最大級ワインコンテストIWC 2018 SAKE部門
純米吟醸酒の部で「鳴門鯛 純米吟醸原酒」が銅メダル受賞

平成30年5⽉13⽇から⼭形県で審査が⾏われた
IWC 2018(インターナショナル・ワインチャレンジ)のSAKE部⾨純⽶吟醸酒の部で、
「鳴⾨鯛 純⽶吟醸原酒」が銅メダルを受賞しました。
また、⼤吟醸酒の部では、「鳴⾨鯛 ⼤吟醸 慶」が、純⽶酒の部では、「ナルトタイ 純⽶原酒 ⽔ト⽶」が⼤会推奨酒と認められました
当蔵では、この受賞をきっかけに、地元で作られた様々な⽇本酒に親しみを持ってくださる皆様が増えることを願っています。

>>リリース(pdf)を見る

鳴門鯛 純米吟醸原酒
【IWC2018「SAKE部門」純米吟醸酒の部 BRONZE 銅メダル】鳴門鯛 純米吟醸原酒
●酒類:純⽶吟醸
●アルコール度数:16度以上17度未満
●原材料:⽶(国産),⽶麹(国産⽶)
●使用米:⼭⽥錦(48%)
●内容量・価格:720ml 1,942円(税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11890junmaiginjogenshu.html


大吟醸 慶
【IWC2018「SAKE部門」大吟醸酒の部 大会推奨酒】
鳴門鯛 大吟醸 慶(けい)

●酒類:⼤吟醸
●アルコール度数:16度以上17度未満
●原材料:⽶(国産),⽶麹(国産⽶),醸造アルコール
●使用米:⼭⽥錦(40%)
●内容量・価格:720ml 5,000円(税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11019daiginjokei720.html


水ト米
【IWC2018「SAKE部門」純米酒の部 大会推奨酒】
ナルトタイ 純米原酒 水ト米

●酒類:純⽶
●アルコール度数:14度以上15度未満
●原材料:⽶(国産),⽶麹(国産⽶)
●精⽶歩合:65%
●内容量・価格:720ml 1,200円(税別)
http://www.narutotai-sake.jp/SHOP/11192mizutokome.html


IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)について
IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)は、30年以上の歴史を誇る世界でもトップクラスの権威あるワイン品評会です。
2007年に新設された⽇本酒部⾨は9つのカテゴリー毎にラベルを隠したブラインド・テイスティングが⾏われ、その成績により⾦・銀・銅・⼤会推奨酒などの賞が授与されています。
平成30年(2018年)のSAKE部⾨の審査は、⼭形県で開催され、1639銘柄が出品されました。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp

 

 
 
 

鳴門鯛 純米吟醸『第九』アジア初演百周年記念酒

ベートーヴェンの『第九』
アジア初の演奏から100年を記念して
「鳴門鯛 純米吟醸『第九』アジア初演百周年記念酒」を限定発売

鳴門鯛 純米吟醸『第九』アジア初演百周年記念酒

「鳴⾨鯛 純⽶吟醸 『第九』アジア初演百周年記念酒」を
平成30年5⽉23⽇(⽔)発売します。

当蔵のある鳴門市大麻町には、第1次世界大戦中、板東俘虜収容所がありました。
収容されていた約千人のドイツ兵達は、音楽・演劇から石橋の築造にいたるまで
様々な文化活動を進めていく中で、地元の人々との交流を深めていました。
大正7年6月1日、彼らによって演奏されたベートーヴェンの『第九』交響曲は、
この曲の日本およびアジアでの初演となりました。

そして平成30年、初演から100周年を記念して、『第九』ラベルの日本酒を発売いたします。
徳島県産米を100%使用。上品な甘い香りに、ほどよい酸のキレが相まって全体がスッキリとまとまった、まさに白ワイン的な感覚でお飲みいただける純米吟醸です。

『第九』アジア初演100年演奏会の記念に、また大切な方へのプレゼントやお土産に最適です。
「鳴⾨鯛 純⽶吟醸 『第九』アジア初演百周年記念酒」の出荷本数は限定500本を予定しています。

>>リリース(pdf)を見る


【商品概要】
●商品名:鳴⾨鯛 純⽶吟醸 『第九』アジア初演百周年記念酒
●酒類:純⽶吟醸
●原材料:⽶(国産),⽶麹(国産⽶)
●精米歩合:55%精⽶
●発売日:平成30年5⽉23⽇(⽔)
●内容量・価格:720ml:1,200円(税別)

【販売について】
徳島県内のお⼟産物店、⼀部の酒販店で販売します。
※当蔵の直売所「ナルトタイの店」および、ネットショップ『鳴⾨鯛 たのしいお酒ショップ』でも販売します。※完売いたしました


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社本家松浦酒造場
フリーダイヤル:0120-221-158(土日祝日を除く 9時~17時)
E-Mail:shop@shumurie.co.jp