0

蔵の遷座式を行いました

今年、当蔵では「令和の大改修」を行いました。一部の蔵を移転・改修し、令和元年からは新たな蔵での酒造りをスタートさせるというわけです。

10月1日、完成した蔵で遷座式が執り行われました。貞光町の松尾神社から神官様をお招きし、旧蔵(中蔵)にお祀りしていた神様を、新しい蔵(恭和蔵)へお移りいただく神事です。

まず、従来の神棚にて神様を抜く神事が行います。社員10名ほどが参加し、宮司の祝詞に続いて榊を奉納しました。

その後、新工場の方へ移動。こちらでも、宮司による祝詞、社員がひとりずつ榊を奉納します。こうして、従来の神棚から抜いた神様の魂を、新しい神棚へお移りいただきました。

改修を終えた蔵はすがすがしい風が吹き渡っています。宮司様からは「空気が澄んでいてとても気持ちがいいですね」とのお言葉をいただきました。

Tags: